Autoruns v14.0でVirusTotal連携機能を確認してみた

Pocket

最近、Windowsのスタートアッププログラムをチェックするツール Autoruns の最新版が公開されたというニュースが流れていたので使ってみました。

私は知らなかったのですが、v13.0からVirusTotal連携機能というものが実装されており、Autoruns でピックアップされたプログラムのリストから、右クリックで簡単にVirusTotalでマルウェアではないかどうかのチェックができるようです。

Autorunsはインストール不要

マイクロソフトのページからAutorunsのZipファイルをダウンロードします。

マイクロソフトのautorunsダウンロードサイト

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると以下の5つのファイルが展開されます。

Zipファイルを展開したところ

このようにインストーラは無く、exe ファイルが含まれているだけなので、これを実行するだけで Autoruns のGUIが起動します。

64bitマシン用としては、Autoruns64 と 64a の2つのexeがありましたが、aはAMD用かなと思い、Autoruns64を実行したところ、ライセンス同意書が表示された後、無事に起動しました。

Autoruns 起動直後

VirusTotalと連携

それでは、AutorunsをVirusTotalと連携させてみます。

上部の[options]から[Scan Options]を選択します。

Autoruns にて Scan Options を選択

以下のポップアップが表示されますので、[Check VirusTotal.com]とその下の[Submit Unknown Images]にチェックを入れ、[Rescan]を押します。

Autoruns Scan Options

ただ、これだけだと何も起きませんでした。

そこで、プログラムを右クリックし[Check VirusTotal]を選択してみました。

Autoruns VirusTotal実行

すると、下図の赤枠の通り、VirusTotalの実行結果が [0/75] と表示されました。

Autoruns VirusTotal 結果

なお、[0/75]のところをクリックすると、VirusTotalのサイトがブラウザで表示され、詳細な結果を確認することが可能です。

VirusTotalサイト

このツールを使ってみると、予想外にスタートアップで起動しているプログラムが多いことがわかりますので、一度、使ってみるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA