ロードスター NC2リトラクタブルハードトップ(RHT)用にルーフカバーを買ってみた

Pocket

先日、ようやくルーフの塗り直しを行いましたが、ルーフの塗り直しだけでも20万円以上の費用がかかってしまいました。

(それ以外にもサイドの塗装やドアハンドルまわりの修理をおこなったので、全体では30万円オーバーでしたが。。。)

そこで、再度ルーフの塗装を劣化をさせないように、前々から狙っていたAmazonで扱っているのルーフカバーを思い切って購入してみました。

(海外製、ロードスターNC専用ということでお値段は2万円オーバですが、これでルーフの劣化がさけられるならその価値はあるかなと。。。)

ブランド: North American Custom Covers
北米カスタムカバー ソフトトップルーフプロテクター ハーフカバー マツダ ミアータ MX5 Mk3 (NCモデルのみ) 

そして、先週到着しました!

ルーフ部分だけのカバーなので、そこそこコンパクトです。(たぶん40cm×30cm、厚さ7cmくらい)

これなら遠出する時以外は、トランクに入れておいても邪魔にならないかと思います。

そしてこちらが装着してみた状態です。

前、後ろ、横からの風対策はばっちり

想像以上にNC RHT にもぴったりフィットしました。

なお、両サイドにはそれぞれ5つくらい磁石が埋め込まれていて、カバーの厚みもそこそこある為、ちょっとの風ではぴくりともしない感じです。

これなら台風の時以外は付けていても問題ないかなという感じです。

しいていえば、ドアハンドルのところも劣化するのでそこまでカバーできたらよかったかもしれません。

そしてこちらはリア部分ですが、カバーの端が飛び出ていて、トランクの蓋にちょうど挟み込まれるようになっています。

後ろからの風はこれでばっちりです。

フロントもちょうどワイパーでさえられるようになっています。

最近のNDだともしかしたらワイパーの位置関係で抑えられないかもしれませんね。

耐久性の確認はこれからですが、さきほど少し書いたように生地はかなり厚みがあり作りもしっかりしているので、5年くらいはもってくれるんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA