WiMAX のSpeed Wi-Fi 5G X11にクレードルを装着した効果

Pocket

最近、WiMAX 2+をWiMAX+5Gへアップグレードしたのですが、その際に、機種としては NEC製のSpeed Wi-Fi 5G X11を選択しました。

私がSpeed Wi-Fi 5G X11を選択した理由は以下の通りです。

・クレードルを別途購入することで有線LANが利用できる
・国内メーカーのNECプラットフォームズ株式会社が製造・販売している

クレードルにセットした状態

なお、有線LANを利用したかったのは、PS4でNASNEを利用しており、NASNEが標準では無線LANに対応していない為です。

またさらに、上記以外のメリットとして「アンテナ内蔵クレードル装着で、さらに安定した5G通信を実現」とauのサイトに書かれていることに気がついた為、実際に効果があるのか簡単に比較してみました。

私の環境では、あまり効果がない気がします

以下、USENさんのサイトで、クレードルをつけたり外したりした際のスピード測定結果です。

正直、私の環境では、クレードルをつけても外しても、結果はあまり変わりませんでした。
(というか外しているほうが早い気がするのは気のせいでしょうか? クレードルから外した時に、位置が20cm程度動いている為、その影響の方が大きいのかもしれません。)

USENでの測定結果(クレードルあり1回目)
USENでの測定結果(クレードルなし1回目)
USENでの測定結果(クレードルあり2回目)
USENでの測定結果(クレードルなし2回目)

ただし、いざというときに有線が使えますし、私のようにNASNEをもともと使っている人はとても助かりますね。

実際、購入当初、Speed Wi-Fi 5G X11にWi-Fi6につながらないPCが発生し、有線LANで一時凌ぎ出来て助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA