ニューバランス M413の耐久性について

Pocket

今年のお正月にニューバランスのランニングシューズ M413を購入しましたが、約8ヶ月経った現在の状況を記載しておきます。

コロナ禍の中、それまではジムのランニングマシーンで走っていましたが、屋外をランニングするようになりました。

現在では、だいたい2〜3日に1回は3〜6Kmのランニングをしておりますが、そんな中、M413に綻びが目立つようになってきております。

左右の足にそれぞれ2箇所のほつれが発生

以下の写真は左足ですが、赤枠で囲った2箇所の表面がほつれ始めています。
最初に右側の方がほつれ、その後、左側のほうもほつれてしまったようです。

NB N413 左足

また、以下の写真は右足になります。ここは小指あたりになりますが、もうひとつ親指側にもほつれが出てきています。

NB N413 右足

ほつれの原因は?

N413の表面は、ストッキングのような?やわらかくて伸縮性のある素材なのであまり強くはなさそうでしたが、こんなに早くほつれてくるとは思いませんでした。

どちらか片方の足だけならたまたまということもあるかもしれませんが、両足におなじようなほつれが発生しているので、他にも同じような症状が発生している人は多いのではないでしょうか?

年のせいもあり、そんなにハードに走り込んではいないですが(早くても1キロ5分を切る程度)、考えられる点としては、サイズが少し大きいからかもしれません。

上に掲載したブログのとおり、本来27.5cmを購入したかったのですが、ニューバランスでは1cm刻みでしかシューズの品揃えがなく、しかたなく28cmを購入しています。

したがって、履いた時にすこし足が緩い為、少々きつめに紐をしめているので、そのせいも若干あるかもしれないなと思っています。

その前につかっていたReebokはアウトレットにて1,000円で購入したのですが、まったくそういうことはなく、アッパーとミッドソールが離れるまで5年は使えていたのでちょっと残念です。

ただし、いまのところ走り自体にはまったく影響はないので、引き続きつかっていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA